Planetway Corporation(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO&Founder:平尾憲映 、以下 Planetway)は、2018年4月より新しく取締役として、NATOサイバーテロ防衛機関 シニアフェロー(現Planetwayアドバイザリーボードメンバー)のヤーン・プリッサル氏を迎えたことをお知らせします。Planetwayでは、今後グローバルスタンダードとなりうる、「サイバーセキュリティ事業」の着手を考えており、その事業責任者として今回、世界屈指の権威であるヤーン・プリッサル氏が参画します。

取締役

ヤーン・プリッサル Jaan Priisalu

Jaan Priisalu

サイバー犯罪者や高度なサイバー攻撃に対応してきた15年以上の実務経験を有する、重要インフラや情報資産の防衛の分野の世界的権威であり、エストニア共和国のサイバー ディフェンスユニットの副司令官。

エストニア最大の銀行でITリスクマネージメントのリーダーを務めた経験もあり、2007年にエストニ アに向けて実行されたサイバー攻撃への対応において、重要な役割を果たした。

また、新興テクノロジー企業数社でCTO(最高技術責任者)およびエンジニアを歴任。

タリン工科大学とフランスの トゥールーズにあるポール・サバティエ大学で修士号を取得し、公認情報システム監査人(CISA)の資格を所持。

2014年にはエストニア共和国大統領からホワイトスター勲章を受章。

「NATO Cooperative Cyber Defense Centre of Excellence」で、技術演習を企画した先導者のひとり。自身のエージェンシーからボランティアやセキュリティエクスパートの集結を支援し、数年来ホワイトチームを指揮。2017年7月4日から、Plnetwayアドバイザリーボードメンバーに就任。

Planetwayについて

Planetwayは現在、世界200カ国で利用可能なグローバル通信サービスを提供し、多様な領域(IoT/AIなど)の新規事業創出に特化したプラットフォーム「avenue」を開発中です。 開発拠点をエストニアに置き、「avenue」のコアテクノロジーであるCross-Industry Data-Access(複数業界間でのデータ連携)に特化した「avenue-cross」を展開しています。

また、データは、組織でなく、個人に帰属すべきであり、個人が自身の意思でデータを安全かつ自由に公開していける、世の中の到来として「インディビジュアル・データ・ドリブン・ソーシャルイノベーション」というビジョン掲げており、個人の許諾ベースで、情報を第三者に公開可能とする事で、自身と社会にとって好ましい形でデータが利活用される世界の創出を目指しています。

PlanetCrossについて

PlanetCrossは、ICT先進国エストニアの情報連携基盤をPlanetwayが世界で初めて民間企業向けにカスタマイズし提供する、インダストリーに依存しないセキュアな情報連携基盤です。各企業の既存システムやデータベースに大きな変更を加えることなく他企業とのデータ連携を実現できるため、既存システムやデータベースを活かしながら段階的に適用領域を広げていくことが可能です。初期段階としてさまざまなリレーショナルデータベースの連携に対応していますが、特に個人情報やプライバシーに関する情報等秘匿性の高い領域での活用に効果を発揮します。

エストニアで実証された基盤技術により、以下の3点を可能とします。

  1. 個人が自分の「どの」データを「だれ」に開示するかを簡単に許諾可能に
  2. 電子認証/署名(CA)、タイムスタンプ(TSA)により本人確認とデータの完全性を確保
  3. スマートコントラクトにより、契約履行の大幅な効率化を実現

PlanetCross

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。 * 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

本件に関するお問い合わせ

Planetway Corporation
広報担当
TEL: 03-5534-8608
MAIL: [email protected] / [email protected]