認証

金融機関や通信会社等を対象に法律で義務付けられている本人確認の手続きを経て、PlanetIDは発行されます。エンドユーザーの認証用の電子証明書を元にした秘密鍵が分割/暗号化されるため、サービスログインの際には強固なセキュリティ技術による認証が行われます。(生体認証を含む多要素認証が可能)

電子署名

データ参照/取得や様々なトランザクション実行時には、エンドユーザーの署名用の電子証明書を活用した電子署名を行うことが可能です。これによりサインや印鑑は不要となり、スマートコントラクトの実現を後押します。

情報共有

企業間の情報連携基盤であるPlanetCrossとの併用により、エンドユーザーは自らの個人データの他企業への共有を許諾することが可能となります。PlanetIDにより許諾がされた後、データを保有する企業は外部のデータを活用したい企業へ連携され、個人に対してサービス提供が行われます。

個人データ保護

個人データは強固なセキュリティ基盤によりなりすましを極限まで回避できます。加えて誰が自らのデータを参照したかを確認でき、誰に対して公開するかを設定(制御)することが可能です。

How it works

Step 1

PlanetID専用アプリケーションをApp Store等よりダウンロードし、スマートフォンにインストールします

Step 2

アプリケーション上で初期登録を行い、本人確認企業を選択した上で本人確認手続きを行い、PlanetIDを発行します

Step 3

企業/団体等のサービスにおいて、発行されたPlanetIDを認証や署名時に活用します