Cross-Industry Secure Data Access Platform

様々な種類のRDB (Relational Data Base)に対応しており、特に個人情報やプライバシーに関する情報等、秘匿性の高いデータの利活用に効果を発揮します。 各企業の既存システムやデータベースに大きな変更を加えることなく、インターネットを通じて他企業とのデータ連携を実現でき、既存システムやデータベースを 活かしながら段階的に適用領域を広げていくことが可能です。

17年間におよぶ電子政府国家エストニアの政府インフラを民間応用

セキュリティを担保した情報連携

分散型による大規模なデータベースネットワークの構築

マルチプロトコル対応したプラットフォームによる無限のスケーラビリティ

Beyond API

Core Technologies

可用性

環境の種類(オンプレ or クラウド)・データベース構造の種類を問わない(「RDB Adapter」モジュールがRDBの違いを吸収/標準化し、GUIベースの簡単な設定によりデータの公開範囲・量の設定が可能

暗号化

データ連携時の強固なセキュリティを担保(TLSによる高強度の暗号化を実現)

トレーサビリティ

「CA: Certificate Authority 認証局」および「TSA:Time Stamp Authority タイムスタンプ局」により、誰がいつデータを参照/取得したかを把握し、監査証跡として管理

受賞歴

  • Automotive

    最優秀賞/審査員特別賞(日産自動車様)

  • Healthcare

    審査員特別賞(電通デジタル様)

  • Efma主催Innovation In Insurance Award

    東京海上日動火災社一位受賞に貢献

  • ガートナー主催 APEC 2017 Award (Most Innovative Digital Business Modelの部)で

    東京海上日動火災社 準優勝に貢献