入鹿山 剛堂

1982年、自動舞台照明制御システム開発 1983年、化学会社に就職し、研究所で人工臓器の開発に従事 1984年、3Dプリンターシステムと感光性樹脂の開発に従事 1988年、日本初の本格的グループウェア「LANWORLD」を独自に開発。後にこれが2000社以上の企業、国家機関等に導入される。 1991年、日本で最初のモバイルグループウェアシステムを構築 1999年、NTT移動通信網(株)(現 NTTドコモ)入社。Sigmarion等、数々のモバイル機器やモバイルサービスを企画・開発 2002年、日本で最初のスマートフォン(SH2101V)を企画・開発 2003年、世界初のスマートウォッチ「WRISTOMO」を企画・開発 2014年、株式会社 入鹿山未来創造研究所 設立。主に新製品/新事業開発支援やIT、モバイル、M2M導入支援を行う その他、 シニア向け見守りサービス、農業向けM2Mシステム、HEMS,HomeNetworkシステム等を開発 株式会社入鹿山未来創造研究所 代表取締役所長(現任) MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)M2M/IoT委員会顧問(現任) 日本メタデータ協議会 理事長(現任) 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(現任)