松本 徹三

特別顧問

1962年 京都大学法学部を卒業、伊藤忠商事(株)に入社。

伊藤忠アメリカのSenior Vice President兼エレクトロニクス部長、東京本社の通信事業部長、マルチメディア事業部長、 宇宙情報部門長代行などを歴任。

1996年に独立し、コンサルタント業の(株)ジャパンリンクを設立。1998年、同社の顧客であった米国のクアルコム社の要請を 受けてクアルコムジャパン(株)を設立し、代表取締役社長に就任。 2005年には 同社取締役会長 兼 米国本社 Senior Vice President に就任し、日本に加えて東南アジア・大洋州を統括すると共に、グローバルベースのモバイル新サービスの開拓に取り組む。

2006年9月にソフトバンクの孫正義社長の要請を受け、同社が買収したボーダフォン日本法人の執行役副社長(技術統括兼CSO)に就任。 同年10月にはソフトバンクモバイルと改名した同社の取締役副社長に就任。2011年6月に副社長を退任、2012年6月には取締役 (特別顧問)も退任したが、その後も契約ベースで同社のシニアアドバイザーを務める。

2013年11月からは(株)ジャパン・リンクを復活させてコンサルタント業を再開しており、現在も国内外の通信事業者等を中心に数社との 契約がある。

2013年より2年間は、明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科の特別招聘教授も 務めた。1995年から1998年にかけて、 久慈毅のペンネームで小説仕立てのビジネス書を3冊ダイヤモンド社より上梓、2017年7月には、本名で「AIが神になる日(シンギュラリティーが人類を救う)」を SBクリエイト社より上梓している。