Planetway Corporation(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、代表:平尾憲映、以下Planetway)は2018年8月1日付で、ラハエル・プリッサル氏がPlanetwayの開発拠点であるPlanetway Estonia(以下、エストニア支社)の取締役COO(Chief Operating Officer、最高執行責任者)に就任したことをお知らせします。プリッサル氏はエストニア支社の全体統括を担い、情報連携基盤「PlanetCross」を含むPlanetway製品の開発プロジェクトの増加に対応するため、開発拠点の強化・拡大を推進していきます。

ラハエル・プリッサル氏

rahel-priisalu

過去20年にわたり、エストニア共和国のIT企業および国際機関に務め、セキュリティを含む最先端のIT技術に関する豊富な知見を有する。直近では、エストニア共和国のITセキュリティ専門のコンサルティング会社LightMoon OÜのCEOを務める傍ら、同国に本社を置く複数のIT企業で、取締役を含む要職を務める。また過去には、NATOサイバー防衛センターで、システム管理者の統括を務めた実績を持つ。

Planetwayの代表取締役&ファウンダーの平尾憲映は次のように述べています。

「Planetway Estoniaは、Planetwayグループの開発を担う重要な拠点です。 プリッサル氏は、電子政府先進国として知られるエストニア共和国の中でも、特に高いITの専門性を持つだけでなく、経営者としても優れた実績の持ち主です。プリッサル氏が参画することで、Planetwayの開発基盤がこれまで以上に強固となり、より多くのお客様に、日本とエストニア共和国の技術を融合した高品質な製品・サービスを提供していけると確信しています。」

Planetwayについて

Planetwayは、電子行政先進国とされるエストニア共和国の国民番号制度を支えるデータ連携技術に、独自開発を加えたプラットフォームのコア技術「PlanetCross」を展開するスタートアップ企業です。Planetwayは、「個人およびプライバシーに関する情報の権利は、本来企業や団体ではなく個人に帰属するもの」と捉えており、「For the Human-centric and Secure Planet」というミッションを掲げ、『本人自身の判断で、許諾、否認』を前提とした個人情報の公開/活用の促進を目指しています。

本件に関するお問い合わせ

Planetway Corporation
広報担当
TEL: 03-5534-8608
MAIL: [email protected] / [email protected]